33歳 男性 色々な企画をやると盛り上がりますよ!!

介護歴は今年で5年目になります。介護福祉士をとって4年半が経ちました。今は有料老人ホームで働きながらライター業を行っています。

今回はデイサービスにおいて施設内でイベントを企画した時の話を書こうと思います。
企画内容はデイサービスで高齢者の皆さんに音楽を楽しんでもらい、同時に手品も一緒に楽しんでもらい。おやつには手作りのケーキを出した事です。

なぜ企画したかと言うと、もともと会社内でファミリーデイといって毎年一回利用者さんや利用者のご家族さん、ケアマネさんといった日頃お世話になっている人に感謝を込めてのイベントを開いていました。
そこで、会社で勤めて2年目の私が企画等をさせていただきました。
当時、『注文を間違える料理店』が話題となり、私も何か介護施設で高齢者が笑顔になったり、感動する事をしたいと思い企画しました。
まずは、予算をあまりかけれなかったので友達に頼みましたが、やはり交通費+お金を頂く感じになり探すのに苦労しました。

5件目くらいに元宝塚の人が、高齢者向けにも歌を歌えると言う事で少し金額が必要でしたが、施設長と相談しオッケーを貰いました。

そして、おやつ作りに関しては元ケーキ屋で働いていた人が居たので、その人にケーキ作りをダメもとでお願いしたらオッケーを貰う事ができました。

私、歌とケーキで充分だと思いましたが、もう一つ何か面白い事がないかと考え、知り合いに手品ができる人が居たので、声をかけてみると心よくオッケーが出ました。
料金も交通費代だけで良いという事で思わずガッツポーズです。

後は当日のスケジュールを組むのが大変な作業です。
午前中の要は入浴介助なのでスムーズに出来るようにくみ
ケーキも仕込まなくてはいけません。

ただ、1番よかったのが皆さんが協力的な事だった点です。
ファミリーデイの当日は働いているスタッフ所が他の事業所のスタッフまでが手伝いに来て頂けました。
この点はかなり大きかったです。

ただ、企画段階でかなり時間を使ったので
当日は夜遅くまで時間を割いたり、他のスタッフにも残業して手伝って頂いた点は今後、もっと大きな事をするには改善が必要です。

こういった企画をしたい新人の人は、ダメもとでやってみるといいと思います。頑張った誠意が伝われば協力してくれる事がおおいです。
ただ、大変ですが。終わった後のチームの結束力や達成感は最高です。

以上、介護施設での企画のお話でした。